コレステロールを下げる方法で体元気|健康を保つ秘訣を知ろう

病気のリスクが高まる

手を温める人

女性のほうが多い症状

健康志向が高まっていて、多くの人が積極的に運動を行うようになりました。しかし、普段の生活で身体を動かす機会がない人は、意識して運動を行わないと、どうしても運動不足になりがちです。特に女性の場合は冷え症になりやすい傾向があります。今後もこの傾向は変わらないでしょう。冷え症を治していくには毎日の生活を見直して、改善していくことが大切です。筋肉量が落ちて、脂肪が多くなってくると、ますます動くのが億劫になってしまい、悪循環になってしまいがちです。運動の習慣は定着するまでは大変かもしれません。しかし、習慣づけていくことによって、冷え症の改善にかなり効果が期待できるようになるでしょう。冷え性は万病のもとと言っても良いかもしれません。

免疫力が低下してしまう

冷え症は体温が低く、平常体温の人よりも免疫力が低下してしまいます。そのため、風邪や他の病気になるリスクが高まってしまいます。冷え症を改善するためには、血行を良くして基礎体温を上げていく必要があります。運動不足や体脂肪が多いと、冷え症になりやすくなってしまいます。日頃から運動を行い、脂肪を減らして筋肉量を増やしていきましょう。筋肉は基礎代謝を上げてくれますし、冷え症改善に効果があります。一般的に男性よりも女性の方が筋肉量が少ないので、冷え症になりやすいようです。冷え症は他の原因の場合もありますので、症状が改善しない場合は専門医に相談することをお勧めします。また、お腹を冷やすと腸内環境が悪化する原因となってしまいます。寒い時はお腹を温めるようにしましょう。