入学までの道のり【ファッションの専門学校に行く方法】

入試がある場合もある

専門学校によっては入学金を支払うだけで通うことができるところもありますが、中には推薦や試験が必要なところもあります。推薦をする場合にはどのような手段があるのかチェックしておくと良いでしょう。

推薦の種類

学校推薦

学校推薦はその名の通り講師が生徒の成績や活動を見て専門学校に進んでもいい結果を出すことができると判断したら推薦状を書いてもらうことができます。ですので、部活動やボランティア活動に力を入れると良いでしょう。

特待生推薦

クラスの中でもずば抜けてテストの成績がいい方は特特生推薦を受けることができます。これは、入試を受けなくてもいいだけではなく、入学金や授業料を免除してもらうことができるので、お金をかけずに授業を受けられます。

家政系推薦

既に高校で裁縫や料理などの勉強をしており、知識が十分にある方は家政系推薦を受けることができます。これは学校によって採用しているところとしていないところがあるので、まずは問い合わせてみると良いでしょう。

自己推薦

自分の腕に自信があるのなら、自己推薦をしてみると良いでしょう。学校推薦などに比べれば合格率は少なくなっていますが、決して望みがないわけではないので、チャレンジする価値はあると言えます。

入学までの道のり【ファッションの専門学校に行く方法】

洋服

入試を受ける

ファッションに関心があり、将来自分のブランドを作りたいと思っているのなら東京にある服飾専門学校に通うと良いでしょう。また、専門学校に行くためには入試や面接を受けなくてはならないので、独自に勉強をしておくべきです。

願書を提出

専門学校の試験を受けるには願書の制作や提出が必要不可欠となっているので、期限までに投函すると良いでしょう。ファッションに自信があるのなら推薦用紙を添えることで合格率をグッと引き上げることが可能です。

早いうちから推薦を狙う

推薦枠を狙いたいなら、早めのうちから学校での成績を上げるなどの努力をしておくと良いでしょう。推薦は人数が決められているので、少しでも有利になるように頑張ってください。