コレステロールを下げる方法で体元気|健康を保つ秘訣を知ろう

神経細胞の軸索の伸長

サプリ

魚を食することの体への効用が知られている一方、水銀の問題も指摘されています。多少は気を配った方が無難なのかもしれません。最近の研究報告に、DHAの神経細胞の軸索を伸長させるはたらきの発見があります。神経細胞の問題も一因と思われる、病の治療薬の開発に期待がかかります。

詳細へ

病気のリスクが高まる

手を温める人

冷え症は体温が低くなり、免疫力が低下してしまいます。そのため、さまざまな病気のリスクが高くなってしまいます。冷え症を改善するためには、適度な運動を行い、基礎代謝を上げ、脂肪を減らして筋肉量を増やしていくことが大切です。

詳細へ

健康に良い食品

老夫婦

健康食品が人気の理由とは

健康食品ブームとなっていますが、健康に良い食品や栄養素が人気です。特に、コレステロールの値は多くの方が気にしているもので、それを下げる食品が人気です。 例えばイワシ・アジ・サンマなどの青魚はDHA・EPAなどの不飽和脂肪酸を含みます。これはコレステロール値を下げる働きをします。 またもずく・昆布・ひじきなどの海藻類はフコイダンを含み、これもコレステロール値を下げる働きをします。 更にブロッコリーやキャベツに含まれるSMCSは悪玉コレステロールを分解します。 納豆に含まれる納豆キナーゼや大豆食品に含まれるサポニンも、コレステロール値を下げる働きがあり人気です。 青汁に含まれるキトサンもコレステロールの吸収を抑えるので、多くの人に支持されています。

体を作る成分の特徴とは

コレステロールは肝臓で作られ生体内に広く分布する脂肪に似た物質です。細胞膜の構成成分で胆汁や脳の中にも含まれています。 脂肪の多い食品やカロリーの高い食品を摂りすぎると、コレステロールが作られ過ぎ動脈硬化などの病気を起こします。 コレステロールには「細胞膜を作る」「栄養分の分解をする」「筋肉を作るホルモンの原材料になる」「栄養を吸収する胆汁酸の原材料になる」の役割があります。 コレステロールには2つの種類があり、善玉は体内に蓄積した分を細胞壁から運び出します。悪玉は体内に供給する役割をしますが、増加しすぎると動脈硬化などの病気を起こします。 その時々によって量が増減するので、日々の食生活などを見直し健康に留意することが大切です。

二日酔いを治す成分

栄養剤

肝機能を高め、二日酔いになりにくくしてくれる成分がオルニチンです。また腎臓の働きをサポートしてくれる効果もあるため、内臓の負担を軽減するにはもってこいの成分といえるでしょう。しじみなどに含まれる成分ですが、サプリメント等から摂取することも出来ます。

詳細へ